プロフィール

CHIAKI

Author:CHIAKI
誕生日:1975年1月10日 6時頃
血液型:O型
出身地:北海道
はじめての方へ:「はじめまして」をお読みください

自己紹介:三十路の独身、現在無職。
介護ってほんとに大変です。おかげで「介護ウツ」になり、自分の闘病生活もはじまりました。母は20年7月1日天国へ旅立ちました。





TOTAL
アクセスカウンター

TODAY
アクセスカウンター

YESTERDAY
アクセスカウンター


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外泊か?!

母 たった1晩の退院で
今朝また入院しました。
やっぱり腎臓が悪いらしいです。

退院で肩の荷がおりたようにほっとしていた私は
突然のことに体力が追い付かづダウンしてしまいました・・・

また看病生活です。

でも前いた内科病棟では
すべての看護師さんが意識不明からの母を知っているので
とにかく母が少しでも笑えば喜んでくれたのですが

今回入院したのは泌尿器科病棟。
母が寝ている横に座ってるだけで「帰っていいですよぉ?」と言われました。
この病院の泌尿器科信用してませんからね私は。

おしっこもきれいになったからって退院した夜に腎臓の炎症で熱ですよ?

今回はあまり病院にいないかもしれません私・・・

泌尿器科の医師と顔あわせたくないし。
スポンサーサイト

コメント

CHIAKIさ~ん、私も「はぁ~~~…」です。

我が母は、8月10日に転倒→骨折→入院。

神経内科の担当医がいるからこそ選んだ病院。
ところが、整形外科病棟の看護士の教育がなってない。衛生面など、信じられないほど不潔。

毎日、病院側となんらかのトラブルがあり、
すったもんだの一ヵ月後、
ようやく退院に漕ぎ着けたと思ったら、
退院前夜、病院の不手際で退院できず、
無意味に連休を病院で過ごし、

連休明け、ようやく退院したと思ったら、
夜には転倒、頭から流血騒ぎ。
(これがまた、我儘勝手な母は、
周囲の目を盗みこっそりポータブルで
用をたしたあと転倒し、
バレルと叱られるからと隠していたのが
、朝方のトイレ時に発覚「あ!枕の血は何?」
と大騒ぎになったのです)

先生を始め、沢山の人との約束を即効破って
迷惑をかけた母。

うちも一泊で、返品となりました。

8月に入院してから、CHIAKIさんのお母様と同じく、
腎臓の問題が起きて・・・
でも、その担当医がいい加減で信用出来ないの!

病院にいても安心じゃなくて、
家に帰るにしても問題だらけでどうすればいいのか…

先ず、帰りたがるくせにリハビリを拒否する、
どこの誰と約束しようが守る気が更々ない、
そんな母が大問題なわけで…

そうそう、母も家もホッタラカシで放浪している父は
この夏、3回だけ帰ってきたけれど、
自分の用だけ済ませ、
風呂から上がったら、さっさと出かけて行きました。
発した言葉は「アイツが死んだら、家を売る」のみ。

体力気力、ホントに限界です。
せめて、財力が欲しいです。


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chiakinikki2.blog91.fc2.com/tb.php/75-915943c7

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。